一般社団法人山形県専修学校各種学校協会

一般社団法人山形県専修学校各種学校協会

問合わせ
ホーム

在校生インタビュー

2021.8.18取材

  • 白鷹高等専修学校
    服飾科3年生
  • 國谷 茉央さん

在学生の学び

実は学校に入る前は、デザインも洋裁もまったく興味がなかったんですが、入ってみたら楽しくなりました。服飾科なのでミシンを使って洋服を製作する授業が多いです。1年生で生活産業基礎、2年生でデザインを学んで、3年生はデザインと服飾文化、課題研究などいろいろな分野を勉強しています。毎年ファッションショーがあって、今年は実行委員長として白鷹町芸術祭と学校の文化祭に向けて取り組んでいます。今、野菜からインスピレーションを受けたデザイン画を考えて、レンコンをモチーフにした衣装を製作しています。同じ中学出身の男子で上手な人がいるので、お互い高め合いながら、学校生活を楽しんでいます。

地元の学校に進学してよかったこと

この学校は生徒数が少ないことと、先生との距離が近いところが好きです。自宅が近いのも決め手の一つでした。人数が少ないので、同級生だけでなく、学年を越えてみんなと関われるのも良いところだと思いますが、やはり、先生が1対1で指導してくださるため、わからないことや難しくてなかなか上手にできないこともその場ですぐ質問できますし、丁寧に教えていただけるので、どんどん作ることが楽しくなります。私もですが、入学するまで洋裁をしたことがない人がほとんどですが、ぜんぜん問題ありません。
卒業したら、山形V.カレッジへ進学する予定です。先輩たちも進学していますし、同級生も希望しているので、これからも洋裁の技術を高めていきたいと思っています。目標は技能五輪に挑戦することです。

023(641)2323